2017年01月19日

本日の4種盛りランチ

鯛塩焼き
鶏唐揚げ
肉牛蒡
高菜炒め
コーヒー(紅茶)付き

    900円
posted by なつめ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

547.えべっさんB(今宮戎)

DSCN2389.JPG
(神社前)

昨年は全国で3000ある「えびす神」を祀る神社の総本山「西宮えびす」、一昨年は大阪キタのえびすさん「堀川えびす」に出かけましたが、今年は大阪ミナミの「今宮えびす」に行くことにしました。
南海沿線に住んでいた頃、良く出かけた「えべっさん」です。
DSCN2387.JPG
(露店)

当時は、南海電車の難波か今宮戎駅を利用していましたが、今は枚方なのでJR環状線新今宮駅から堺筋を通りましたが、福笹を持った人にほとんど出会わない。
この辺、通称ドヤ街が近く、昼から酔っぱらったおじさんがうろうろしていて、余り良い印象を持たない町でしたが、そんな人にも余り出会いません。

恵比寿町の交差点を曲がり、神社が近づくと縁起物を売る露店が見えてくると、人の姿が増えてきました。
昔はこの付近でも混雑して歩くのも大変だった印象がありますが、時間が早いせいなのかも?
この日は宵戎・本戎・残り戎と3日間で100万人の参詣者が予想されているうち、10日の本戎なのに割とゆったりしています。

今宮戎神社は聖徳太子が四天王寺建立の際、西方の守護神として建てられたと伝えられています。
社格は郷社・別表神社。
ご祭神は天照皇大神・事代主(ことしろぬし)命・素盞鳴(すさのお)命・月読(つくよみ)尊・稚日女(わかひるめ)尊です。
えびすさんは、七福神の中で、片手に釣り竿、もう一方の手に鯛をかかえた福耳の神様です。
しかし、神話にその記述はなく謎の神様のようで、概ね2説に分かれています。

西宮戎では3歳まで足が立たず葦船に乗せられて流され、漂着したのが西宮と言うイザナギとイザナミの子蛭子大神を祀っています。
一方今宮戎は、国譲りを迫られた大国主命が、漁をしていた子の事代主命を呼んで決断をさせた、その事代主命を祀っています。
大国主命は大黒様ですから、七福神の中でも人気のある大黒さんとえびすさんは親子になりますね。
蛭子神・事代命いずれも元々は海の神様で、後に農業や商売の神様になりました。
DSCN2391.JPG
(正門前)

正門を入ると「商売繁盛、笹もってこい」のにぎやかな声が聞こえてきます。
まだ並ぶほどではありません。
DSCN2393.JPG
(拝殿)

拝殿前は混雑していて、お参りするには15分ほどかかりました。
DSCN2400.JPG
(福娘さん)

脇の社殿では、綺麗な福娘さんが福笹に吉兆を点けています。
吉兆は1つ1500円。
申し訳ないが、眺めるだけにしました。 
posted by なつめ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

546. 初詣A(闘鶏野神社)

DSCN2367.JPG
(闘鶏野神社鳥居)

3日、自転車のKさんが遊びに来ました。
大晦日から正月は毎日自転車に乗っていたそうです。

毎年干支の神社に初詣に行くのですが、「鶏」はネットで探しても見つからないことを話すと、彼は闘鶏野(つげの)神社へ行ったと言います。
高槻市氷室にある小さな神社ですが、付近を自転車でよく通るらしい。
ネットに出ていないのだから無名の神社です。
「鶏」と関係あるかどうかわからないが、名前に「鶏」の字が入っているので、翌日に出かけることにしました。
家からは30分余りで行けそう、割合近い。

出掛ける用意をしていると、ママも初詣をしていないので一緒に行きたいと言いだしました。
グーグルマップを見ると、神社は名神高速道路のすぐ北側、高速道路に沿って途中まで道があります。
実際行ってみると、「この道行止まり」の看板が立っています。
片側が高速道路の消音壁なので、暫く留めても迷惑がかからないと思い先に進んで行くと、ラッキーなことに神社のすぐ脇に出ました。
車が数台泊まれるスペースがあり、すでに3台ほど止まっています。
そして「闘鶏野古墳」の表示があります。
この付近沢山古墳がありますが、神社の裏山もそうなのですね。

このままお参りしてもよいのですが、何か裏口から侵入したみたい。
正規のルートと思い、鳥居に向かいました。
鳥居は高速道路の反対側にあります。
鳥居から見ると、写真のように立派な石段が続いている。
石段を登って行くと参道は、両側に赤い手すりとネットフェンスが連なっています。
参道の下は自動車が走る名神高速道路、珍しい神社です!
昔は高速道路も境内だったのでしょね。
DSCN2359.JPG
(参道)

DSCN2361.JPG
(名神高速道路)

いよいよお参り。
お社は小さいながら綺麗な建物です。
良い木を使っていますね!
DSCN2357.JPG
(お社)

DSCN2363.JPG
(扁額)
この神社の祭神は、天照皇大神・応神天皇・天児屋根(あめのこやね)命等です。
創建の時期は不詳ですが、元々八幡神社と言われ、氷室の氏神でした。
闘鶏を「つげ」と読むのは、鶏鳴が神託を告げることに由来しているそうです。

この神社お金持ちか、全く商売気ありません。
もう少しネットで知らせれば、すればすごい人出なのにね。
posted by なつめ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする